小太郎君お散歩復活です!

小太郎くんお散歩復活です!

先日、車いすを製作した小太郎君のご家族さまから動画を送っていただきました。
3週間ほどで車いすに慣れ、お散歩にも行けるようになったようです。

前回製作時の作業状態から製作までを投稿させていただき、
身体に合った車いすを製作することと、
老犬でもリハビリをすることで、
筋力の回復、お散歩に行けるだけの体感の回復、が期待できます。
まず、
身体の不自由を感じたら1日でも早く製作することが一番の回復につながります。

製作時、7月4日はじめてオーダー車両に乗った時。

 

今日、7月23日動画を送っていただきました。

2週間のリハビリで歩行がとてもスムーズになったのがわかります。

 

車いすを検討する場合

ワンちゃんの身体の不自由を感じて車いすの検討をするまでの時間の経過は早く、
身体の状態は日々変化します。
昨日まで歩行できたのに今日は立つこともできません。
散歩もムリ、食欲も・・・
病院に相談しても老犬なので仕方がない・・・
すぐに2週間が過ぎてしまいます。
歩行できなくなって2週間からの復活は限界に近い状態です。
人間の4倍のスピードで歳月が過ぎているので、7×4=28日です。
健康な人間でも1か月入院生活で歩行しなければ、リハビリからスタートです。

★車いすの製作は、不自由を感じたらすぐに製作すること。
★身体に合った車両を選ぶ(乗った時に何らかの実感を感じれる)こと。

小太郎くんの復活は、老犬なので歩行できることが奇跡的な回復でした。
これには、ご家族の素早い判断でオーダー車いすの製作を決断されたことだと思います。
小太郎くんと家族の絆による復活です!

 

 

コメントを残す