パグの小梅ちゃん 犬用車いすに乗ることで散歩に行けるようになります。

小梅ちゃんの車いす

パグの小梅ちゃんの車いす製作です。
高齢ですが、前脚が元気なのでまだまだ2輪用の車いすでも生活ができます。
高齢犬で車いす製作の場合、車両の重量、タイヤの位置、前脚に掛かる荷重、いろいろなバランスが重要です。
2輪の車いすに乗ってワンちゃんが歩行するためには前脚にかかるウエイトを少なくしたり、
小回り、旋回がスムーズでなければなりません。
製作専門のメーカーさんが製作する車いすの中には、カラーリングやデザイン重視の車両もたくさんあります。
バランスが悪かったり、全て同じタイプで大きさだけが違う車両、調節だけで補おうとしてる車両・・・いろいろあります。
その中で、ワンちゃんの身体に合った製品なら問題ないですが・・・難しいのでは?

これまで、他メーカーさんの車いすも修理しました。
「1年しか経ってないし、高額な価格で購入したので、買い替えるのはもったいない」
「長い間待って製作してもらったのですが、身体の状態の変化で乗れない」
「ネットで安価だったので購入したが調整範囲内では乗れない」
沢山の問題点があります。

車いすの製作は短期間で!

私の製作する車いすは、基本的に採寸後1週間以内で完成させます。
作業の都合、時間の都合でお渡し日が伸びることがあっても、
製作に掛かる期間は短期間で仕上げています。
採寸後、1か月以上かかってしまうと、身体の状態も変わってしまうからです。
常にワンちゃんの身体は変化しています。短期間で製作しても100%の製品はできません。

 

犬にも笑顔がもどりますね~💛

 

 

 

 

まず、歩行できなくなったらすぐに製作すること!
そして、身体の荷重バランスがあった車いすを製作するとスムーズに歩行できます。

 

 

 

小梅ちゃんの飼主さまから送っていただいた飼育環境の動画です。
お尻を床に擦りながら生活していましたが、
車いすに乗ることで元のように歩行できるようになると思います。
排便も、車両側にシーツを取付けることでトイレの設置も不要です。

一日でも早く車いすに乗ることで、
自力歩行できなくても元の生活をとりもどすことができます。

 

 

コメントを残す